赤ちゃん幼児子育て.com

ホント!?つわりでハマった食べ物で性別判断!

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

「妊娠したら、食べ物の好みが、変わる!」と、
言われています。


みなさんも、「脂っこいものが、欲しくなったら、男の子」で、
「野菜が食べたくなったら、女の子」なんて、言う話を、
耳にした方も、多いのではないのでしょうか??


でも、ソレって本当!?
実際には、どうなのでしょうか??


そこで、今日は、
ホント!?つわりでハマった食べ物で性別判断!について、
ご紹介したいと思います。



Sponsored Link1

●つわりでハマった食べ物で、性別が分かる!?

「お肉が、食べたくなると、男の子!
野菜が食べたくなると、女の子!の生まれる確率が高い!!」


とか、聞いてしまうと、


なんとなく…
根拠が、ありそうな気がしますよね。


野菜を、多く食べると、血液がアルカリ性になり、
お肉を、沢山食べると体が酸性になる。


食べ物によって、血液のPHが変わるというのは
よく言われています。


ところが、そんなにも、人間の体は、
単純に、出来ていないのが、現実です。


私達の体は、恒常性があり、アルカリ性の、食べ物を食べても、
酸性の、食べ物を食べても、腎臓のPHを、調節する機能が働き、
余分な、アルカリや、酸は、尿となり排泄します。


なので、体内の血液のPHは、
常に、一定に、保たれています。


実は、食べ物で、左右されないので、
性別は、わかりません。





●妊娠中に、はまった食べ物

私も、妊娠してから、
食べ物の好みが、急に変わりました。
 

甘いものが、無性に、食べたくなりました。


妊娠前は、そんなに甘いものを食べなかったのに、
なぜか、チョコレートや、ケーキが食べたいのです。


しかも、毎日、食べないと気が済まなくて、
中毒のように、食べていましたよ~。


そのせいで、体重は、右肩あがりでした。


検診の時には、毎回、毎回
看護師さんに、注意をされていましたね。(汗)


でも、[甘いものを食べたい]で、調べてみると、
「妊娠中は、あかちゃんが、ぶどう糖を、必要としていて、
母体の、ぶどう糖が、不足する為に、甘いものが食べたくなる。」


これを聞いて、納得!


それからは、甘いものが食べたいけど、体重が増えるので、
お菓子はやめて、さつまいも、ミカン、リンゴなどの果物を、
食べるようになりました。


これは、自然の甘味だから、体にも、優しそうだし。


お腹も満たされるし、一石二鳥♪


これで、なんとか臨月まで乗り越えることが、出来ました(笑)



Sponsored Link2

●さいごに…

ネット上でも、人から聞く話でも、食べ物で、性別を決めようと、
する人が、多いような感じがします。


きっと、産まれてくる赤ちゃんが、男の子か、女の子かどうか、
永遠の、楽しみなのでしょう。


「男女」を決める。言い伝えは、他にも、ありますしね♪


占いだと思って、楽しみましょう♪


元気な、赤ちゃんが産まれますように☆


ゆきどんより

Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP