赤ちゃん幼児子育て.com

つわり対策!この飲み物で楽になった!

Sponsored Link

つらいつらいつわり。
少しでも、楽にしたいものですよね。

google Sponsored Link1


食べ物は受け付けなくても、
脱水症状や便秘の予防にもなるので、
水分だけはとっておきたい時期。


どんな飲み物が楽になったのか・・・
経験談をもとにお話したいと思います



【つわり中の救世主】


私が、つわり中お世話になり、
尚且つ一番楽になった飲み物は、
「ホットルイボスティー」
です。


妊娠中にカフェインを多く摂取すると、
カフェインが胎盤を通り、
赤ちゃんもカフェインを接種してしまうのだそうです。


赤ちゃんは、カフェインを体外へ出せないので、
どんどん溜まっていってしまいます。


ならば、できるだけノンカフェインのものを飲みたいですよね!
そんなこともあり、ノンカフェインという言葉につられ、
試しに飲んだルイボスティーが大当たり!


独特の香りがありますが、
匂いつわりになっていた私でしたが、
ものすごく心地よい香りでした。


体も温まるし、会社のデスクに置いて、
仕事中は常に飲んでいました。


ルイボスティーを飲むと、不快感がおさまり、
なぜか快適に過ごすことができました!


ちなみに・・・ルイボスティーは、ミネラルが豊富で、
健康にとてもよいのだそうですよ!



【夏場、一番楽になりました】


夏場によくお世話になったのが
「アクエリアス」
です。


吐くつわりではなかったのですが、
常に不快感があったので、
口の中をさっぱりさせたくて
飲み始めたのがきっかけでした。


夏場、キンキンに冷えたアクエリアスは最高でした。
不快感も(一時的ですが)おさまり、
体が楽になりました。


ただ、常温になりキンキン度が下がってしまうと、
途端に受け付けなくなってしまいました。


妊娠中の夏は特に暑く感じたので、
その冷たさが気持ちよかったです。


スポーツドリンクは他にも色々ありますが、
他のはなぜか飲めず。
アクエリアスだけはすっと飲むことができました。


google Sponsored Link2




【意外と楽になりました】


そんなには飲まなかったけれど、
飲んでみたら意外と楽になった飲み物は
「カフェオレ」
です。


割とコーヒーが好きだったので、
妊娠中でも飲みたいなぁーと思っていたところ、
発見したのはノンカフェインのコーヒー。


コーヒーだけだと、苦味が先行してしまい、
あまり楽にならなかったので、
牛乳をいれてカフェオレにしたところ、
まろやかになり、ゴクゴク飲めました。


乳製品がよかったのでしょうか?



【最後に】


参考になったでしょうか?

この3つはいずれも第二子妊娠時の時です。
ちなみに第一子の時は、胸焼けがする感じだったので、
「炭酸水」を毎日のように飲んでいました。


妊婦は冷えが大敵なので、
できたら温かいか人肌の飲み物をオススメします。


つわりに負けずにがんばりましょうね!



inekoより

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link