赤ちゃん幼児子育て.com

つわり対策グッズ!私はこれで楽に。頑張る三人娘のママの場合

Sponsored Link

妊婦さんのモチベーションを
かなりダウンさせてしまう、つわりの症状。



私自信、嘔吐で妊娠が判明したので、
妊娠した喜びを噛みしめる余裕もなく、
妊娠始めから、毎日、吐き気との戦いとなってしまいました。


今日は、このような、辛いつわりの症状を少しでも
和らげるための、つわり対策グッズをご紹介します。



Sponsored Link1

[乗り物酔いのツボはつわり対策に効果的?]



手首のツボを刺激し、つわりを楽にするグッズとして、
加圧リストバンド「シーバンド」があります。


もともとは、船乗りさんの船酔い予防のために、
開発されたグッズで、手首の酔い防止のツボ「内関」を
指圧するだけなので、薬物も使わず、副作用もない方法です。


ただ、ツボの位置をしっかり把握し、
ピンポイントで刺激する事が重要です。



[アロマテラピーの力で脳に働きかける?]



花や植物などのハーブの芳香成分である精油を使って、
心や体を癒す働きをするのがアロマテラピーです。
アロマテラピーは妊婦さんにも大変有効です。


つわりが激しい妊娠初期は、精油を使ったマッサージはせず、
主に鼻から吸って嗅覚から脳を刺激し、苛立った神経などを
鎮静させてくれる作用のある精油を選びましょう。


たとえば、グレープフルーツやベルガモット、
レモンなどの柑橘系オイルは、抗鬱作用があり、
気持ちを落ち着ける効果と共に、胃もたれなどの
消化不良にも役立ちます。


ただ、女性ホルモンに作用してしまい
妊婦さんが使ってはいけない精油もあるので、
使用する精油の名前には、十分注意が必要です。


また、アロマだけでなく、ハーブそのものを使った
ドリンク類(ペパーミントティやジンジャーエールなど)
なども、吐き気を緩和するのに有効です。


妊婦さんが、つわり対策のためにアロマやハーブを使う場合は、
ぜひ、アロマやハーブ専門店で、スタッフに相談しながら
購入する事をおススメします。





[人それぞれ違う、吐き気のタイプ]



一言でつわりと言っても、


・食べると気持ち悪くなるタイプ
・朝起きがけに吐き気を感じるタイプ
・空腹時に吐き気を感じるタイプ
・臭いに反応して吐き気を感じるタイプ


など、吐き気を感じる時は、さまざまです。


私の場合、ご飯の炊ける臭いや、
焼肉の臭いなど、湯気の立つ食べ物が、
一切受け付けられませんでした。


そこで、常にオレンジを持ち歩き、
吐き気を感じたらオレンジのおへそを指で穴をあけて、
そこに鼻をくっつけて
オレンジの香りを吸い込んでいました。


こうすると、不思議と心が落ち着き、吐き気が治まるのです。


ですから、私のつわり対策グッズとしては、
生のオレンジが一番有効でした。


これもアロマテラピー効果と言えますね。



Sponsored Link2

[最後に・・]



いかがでしたか?
今日はつわり対策グッズをご紹介しました。


皆さんも、自分の吐き気を感じる時の傾向を把握して、
オリジナルのつわり解消グッズが見つかるとよいですね。






頑張る三人娘のママより

Sponsored Link3

あなたにおすすめ


Sponsored Link