赤ちゃん幼児子育て.com

つわりのピークの症状はどんな感じ?

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

妊娠すると、赤ちゃんとの生活を思い描いてワクワク・・・。
ですが、その前にほとんどの妊婦さんが
乗り越えないといけないのが、つわりです。


一時的なものだから、終わりがある!
とは思いつつも、
つわりの時期は永遠に続くのではないかと思いますよね。


ピークはいつ?症状はどんなの?
経験談と、思うこと色々書いてみたいと思います。


Sponsored Link1

【1人目のピーク】


上の女の子を妊娠したときは、
初めは、ちょっとだるいなぁ・・・程度だったのですが、
ある日突然吐きつわりになってしまいました。


9週目~10週目の頃でした。


布団とトイレの往復で、
仕事もできないほどで、2週間お休みをいただきました。


時期はちょうどGWの直前。
毎年長期の休みは実家に戻っていた私ですが、
さすがに戻れず、布団とトイレを行ったり来たりしていました。


何をしても吐く状況で、
点滴をしに病院に行ったのがピークでした。


本当に辛くて、布団でしくしく泣く日々が続きましたが、
点滴を境にちょっとづつ体調も回復し、
あのピーク時が嘘のように、すっきりと終わりました。


【2人目のピーク】



下の男の子を妊娠したときは、
とても眠いつわりが主でした。


眠いのを基本にして、
食べないと気持ちが悪かったり、
ヨダレが多くなったり、
ダラダラとつわりに悩まされました。


そんな2人目ですが、
食べても全部吐いてしまうつわりが現れたのは、
12週~13週でした。


この時も眠かったり、よだれが多かったり・・・
というつわりがあったので、
さらにそこに吐き気が加わることでますますひどくなりました。


今思うと、あの時期がピークだったのだと思います。


吐き気はすぐにおさまったのですが、
結局ピークがいつだったかよくわからないまま
出産を迎えてしまったのです。




【とはいっても・・・】


つわりのピークは人それぞれです。


羨ましいことに、つわりがない!なんて妊婦さんもいるし、
ピークが一気に来て一気に治まる妊婦さんもいるし、
私のようにダラダラ続いた中でピークかな?
と曖昧なのもあります。


ただでさえつわり中は苦しいのに、
ピークを迎えると、先が見えなくて真っ暗になりがちですよね・・・


ピークの時は、赤ちゃんのためにも自分の体調を優先にしましょう。
家事などは無理してやらず、ゆっくり休みましょう。


家事などは、宅配サービスなど便利なものが色々あるし、
掃除もちょっとお休みして、とことん休みましょう。


Sponsored Link2

【最後に】



つわりのピーク中は、一人で抱え込まずに、
旦那さんや家族に甘えてしまいましょう!


本当に起き上がれないほどのつわりは、
きっと妊婦生活の一瞬です。


乗り越えたぶん、赤ちゃんに出会えた喜びは、
なんとも言えないほど嬉しいので、
頑張って乗り越えましょうね!!


inekoより

Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP