赤ちゃん幼児子育て.com

おたふく風邪の予防接種の料金と回数は?

Sponsored Link

子供に多い病気の1つに〝おたふく風邪”があります。
おたふく風邪とはムンプスウイルスによって感染する病気で、

google Sponsored Link1


耳の下の唾液腺である耳下腺という部分が腫れておたふくの
お面のような顔になることからそう呼ばれています。


おたふく風邪はまれに合併症を伴います。
難聴になるなんていう話を聞いたことがある人も
多いのではないでしょうか?


重症化や合併症を防ぐためにもぜひ予防接種は
受けたいものですよね。
今回はおたふく風邪の予防接種についてのお話を
したいと思います。





おたふく風邪の予防接種とは


おたふく風邪の予防接種は、無料で受けられる定期接種ではなく、
自己で費用を負担する任意接種となります。


ムンプスウイルスの毒性を弱めて作った生ワクチンを接種し、
接種後から約1カ月間で十分な抗体ができます。
1歳を過ぎれば、どの年齢でも受けることができます。






おたふく風邪の予防接種の料金は?


おたふく風邪の予防接種は任意接種なので費用がかかります。
一般的に5000円~7000円くらいの病院が多いです。
市町村によっては予防接種の費用の一部を助成してくれるところも
あるみたいで、事前に調べてみることをおすすめします。
(助成の場合、対象年齢がありますので注意が必要です。)


ちなみに、うちの娘がおたふく風邪の予防接種を受けたのは
つい最近ですが、費用は5000円で市の助成はありませんでした。






google Sponsored Link2


おたふく風邪の予防接種は何回受けるの?


基本的には1回の接種で良いとされていますが、日本小児科学会は
予防効果を確実にするために2回接種を推奨しています。
海外ではおたふく風邪の予防接種は定期接種で、2回接種が普通と
なっているそうです。



予防接種を受けるタイミングですが、まずは1歳過ぎに1回、
そして5-6歳のときにもう1回受けるのが理想と言われています。



日本ではまだまだおたふく風邪の予防接種を受ける人の割合が
少ないらしいですが、先にも述べたように合併症を引き起こす
こともある大変怖い病気です。



予防接種を受けると約90%の人に免疫がつくと言われていて、
たとえかかってしまったとしても多くの場合軽くすみますので
ぜひ受けておきたいですね。



うちの娘の場合、4歳になって初めて予防接種を受けました。
そんなに遅く受けた理由としては、存在を知らなかったことと、
存在を知ってからも病院からすすめられることがなかったからです。


こういう人も実際多いのではないでしょうか?
まだ受けていないお子さんは早めに受けることをおすすめします。




さいごに


任意の予防接種は費用も高いし、迷った挙句、受けない人も多いと
思います。
しかし病気にかかってしまって、万が一重症化したり、合併症を
引き起こしたりしてしまったら大変です。
そうならないためにもぜひ予防接種を受けさせてあげてくださいね!


                   
しろぷーちゃんより

 
 

PS
 
花言葉サイトを作成中です。

見るだけで心が和み、読むだけで心が温かくなり、前向きになる様なサイトにしたいと思っています。
 
良かったらご覧ください。 
 
偶然とは思えない花のリアルエピソード

 
 

PPS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
1記事30分の日記、趣味ブログで月5万を得て
子供の教育をランクアップする方法☆彡
(予告なく消去する場合があります)
 
 
無料参加はこちら(1000名参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link